継手性能

継手性能

CB工法は、旧 建設省より認定を受けた工法となっております。
当協会では、この認定を元にして実施しております。

注)平成3年建設省住指発第31号「鉄筋の溶接継手性能判定基準」によります。
A級継手は、強度は母材なみ、靱性は母材より劣るものと規定されています。
そのため、ヒンジ領域内では使用できません。

※閲覧にはAdobe Readerが必要です。右のバナーよりダウンロードしてください。(無料)